発育段階で良い房を見極め、畑全体にバランスよく残す 長年の経験と職人技 で 一房一粒 を大切に育てていきます。

房を減らすことによりその一粒一粒に甘さと果肉が凝縮し、食べた瞬間口いっぱいに甘さが広がるぶどうになるのです。